ID : Pass :  | register
予定&〆切
予定なし
メインメニュー
参加校リスト
承認待ちコンテンツ
     

ロボコン交流BLOG

TRCKロボコン協同学習のためのBLOG
2009年11月17日
ラック&ピニオン機構についてチーム紹介
早速のコメントありがとうございます(^^)

チームAUに使われているラック&ピニオンは、本校では3世代目
になります。ラックは2mのプラスチック製フレキラックを切り出し
て使用しています。


ピニオンギアは削りやすい焼結ギアを加工してタミヤの6速ギア
ボックスに取り付けました。この部品も先輩から受け継いだ物で
す。


一番の長所は、正確な動作で操作がしやすいところです。
Posted by 習志野七中 at 23:24:51 on 2009/11/17
[閲覧(3030)][コメント(3)]

2009年11月16日
千葉県から来ました(^^)/チーム紹介
習志野七中の技術担当です。
縁あって千葉県から参加させていただくことになりました。

4月に選択技術の授業が始まってからロボットが
完成するまで、TRCKに参加される皆さんの取り組みに
たくさんの刺激を受けることができ、大変感謝しています。

お礼の意味も込めて、習志野七中の6チームを紹介させて
ください。

授業内部門

 
ブルーオクトパス1/2

 6月に投稿された谷田部東中のOur Dreams
 ぜ〜んぶとっちゃいますbyNのアイデアを
 参考に開発されたロボットです。
 県大会では操作ミスで実力を発揮できなかったのですが、
 両翼を開閉するリンク機構は一見の価値があります。
 また、翼の先端のローラーは、ブルーレジスタン兇離▲ぅ妊△
 いただきました。


レッドクリフ

 この機体もOur Dreamsから多大な影響を受けています。








ソレスタルビーイング

 回転はたき込み型の機体です。
 後半で設計が急に変更されてこの形になりましたが
 ちょっと時間が足りなかった様です。








応用部門

チームAU

 ラック&ピニオンで正確に昇降することができます。
 モーターを3つしか使用してないので操作が簡単で、
 更に進化する可能性を持った機体です。
 県の準々決勝で同点判定負けでしたが、
 特別賞で関東大会に出られることになりました







NERV


 チームAUと同じ、ラック&ピニオンを採用して
 います。
 4つめのモーターで、先端の串のような部分を
 上下できるのですが先端の形状を工夫する時間
 が無かったのが悔やまれます。







R3

 箱形のシャーシに平行リンクを組み込んだ機体
 です。
 アームの上下とクチバシ?の上下にヒモを使って
 います。
 巻き上げの部分にOur Dreamsの影響を受けています。







以上の6チームですが、今後は生徒と一緒に交流を深められれば
うれしく思います。
Posted by 習志野七中 at 23:29:30 on 2009/11/16
[閲覧(1846)][コメント(3)]

2008年11月21日
さらなる進化チーム紹介
手代木中 Yです。
 今年は,A2部門で「小太郎 Second」「ティーガー供廖Maskomi-T」の3チームが県大会に出場しました。予選を突破した「小太郎 Second」は,夢にまで見た優勝を果たすことができました。


 ただ,課題も残り,今週は個人面談の合間をぬって毎日2時間ほどロボットの改良に取り組んでいました。というのも,県大会は思わぬトラブルに悩まされていました。缶をとるアームのねじがゆるんでいたため,1日目の県大会の予選では思わぬ苦戦を強いられました。

 2日目の朝,ボールを取り込むロボット(ウミガメと呼ばれてました)が,ボールを3個取り込むと上の2個が浮いた状態になり下がらないことが判明。受付時間ちょっと前にやっと解決してガムテープを貼って学校を出ました。

 ところが,県大会のボールが意外と摩擦が大きく,「先生,ボールが2つしか取れません。」なんと・・。改良する時間も部品もなく・・・またもや苦しい戦いが・・・。そんなもので,とにかく試合に集中することだけを考えていました。

 そのための今週の火曜日には,ウミガメの車体の上がほとんど取り外されてました。そして,そろばんまでが部品としてついていました。まっ!これがほんとの「そろばんパー」ですね。



 こうして,ウミガメは本来の力を取り戻したのでした。今のウミガメの力を100%とするならば,県大会では30%の力だったと思います。(なので,たぶん,どんなボールでも取れる。(と思う)・・・・たぶん・・・・・・。)

 今,♪勝つと思うな〜思えば負けよ〜 ♪ という歌が流れてます。勝てると思わず最善の努力をして新潟に行きたいと思います。

Posted by 手代木中 at 09:05:29 on 2008/12/01
[閲覧(867)][コメント(0)]

2008年09月11日
朝日中1次エントリーチーム紹介
朝日中@技術担当です。

明日の1次エントリーで次の7チームがエントリーします。

2年生  >>>2チームともA2です。
A2 希望(きぼう)
   METAL GEAR(めたる ぎあ) 

3年生>>>5チーム
A1 ポセイドン(ぽせいどん)
   秋刀魚(さんま)
   金目鯛(きんめだい)
   Team Clost(ちーむ くろすと)   
A2 朝日連合(あさひれんごう)

エントリー部門が決定し,ようやく作業に加速がみられました。
秋刀魚チームは,作業も加速し,ロベルトBLACKコンパクト版を目指します。
希望は,A2に決めたとたん,2台目のシャーシを完成しそうです。
他のチームは,まだまだ,シャーシ状態で,これからの作業の加速に期待です。  

他の学校のみなさんはどうですか? 
Posted by 朝日中 at 11:09:18 on 2008/09/11
[閲覧(742)][コメント(3)]

2008年04月20日
ロベルトBlackチーム紹介
朝日中@技術担当です。

 ロベルトBlackのロボットですが,職員玄関のガラスショーケースに本人たちの希望で飾られました。

なかなかたいしたものです。鍵がなかったガラスショーケースだったので,本人たちの希望により鍵をつけていただきました。教頭先生ありがとうございます。

 生徒とこだわって製作したロボットなので,いろいろなエッセンスが凝縮されており,TRCK2008のロボット製作に活かしていきたいです。職員玄関ということで,私は毎日通るたびに見ることになります。このモチベーションを忘れずにいたいです。
Posted by 朝日中 at 13:59:44 on 2008/04/20
[閲覧(941)][コメント(2)]

2008年01月19日
朝日中 ロボットアイディアチャレンジ2007チーム紹介
朝日中@技術担当です。

 アイディアチャレンジ2007に3つエントリーしました。
昨年度から継続してロボコンにチャレンジしているメンバーです。

 ほとんどアドバイスしなくても,押さえどころがわかっているようで,すばやい作業で報告書を完成させることができました。

 報告書を完成させるためには,製作においてどれだけのモチベーションをもてるかが,決め手になりますね!!今年はそんなことを実感&反省しつつ,次年度につなげていきたいと思います。

 谷田部東中さんのように,互いの報告書を見せ合って,TRCK2007ロボコン報告書までに質を高めていきたいと思います。
Posted by 朝日中 at 19:58:45 on 2008/01/20
[閲覧(694)][コメント(0)]
朝日中 ロベルトBlackの近況チーム紹介
朝日中@技術担当です。

 全国大会に向けてモチベーションを高めるべく,始業式でプレゼンを行いました。相手は,朝日中WILD 犬任后カウントダウンタイマーと実況を配し,緊張感の中デモンストレーションしました。

 ロベルトBlackですが,スピード&パワーを求めて,性能の向上を図りました。足回りはCDタイヤに変更し,確実にスピードアップを図ることができました。アイテムを挟むギアボックスも高スピード化を図りました。さらにトラクション調整が可能な機構を作り,重量感のあるボディーの割にパワフルで安定した動きを実現しました。それをロボットアイディアチャレンジ2007にも表現しました。


 まさにサブタイトル通りの「限界への挑戦スピードとパワーを求めて」です。
 全国大会では,勝敗にこだわらず試合を大いに楽しみたいと思います。全国大会出場のみなさん,ロベルトBlackのロボットを見てご意見くださいね。ロベルトBlackの生徒も,いろいろなロボットのアイディアを楽しみにしており,ロボットを通して交流できることに期待しています。

PS 本日は入試のため明日から操作練習や改良を再開します。
Posted by 朝日中 at 19:59:03 on 2008/01/20
[閲覧(676)][コメント(0)]

2007年12月15日
ロベルトBlack恐るべしチーム紹介
朝日中@技術担当です。

教師:「今日は,なにやってるの?」
生徒:「報告書です。」
教師:「午前中で帰るんでしょ?」
生徒:「お弁当もちです。」
教師:「・・・・・・・・・(そんなの聞いてないよ!!)」
生徒:「・・・・・・(でもそんなの関係ねぇ)」

午後PC室へ

いつの間にか,ロボットを持ち込んで,立体ぐりぐりをダウンロードして,ロベルトBlackを書いてました。
生徒:「先生,アトムαすごいですね!!きっと,ここまで作るのは,5時間くらいかかりますよ!!」
教師:「・・・・・いつの間にダウンロードして!!いつの間に操作覚えたんだ!!操作教えて!!(驚き&唖然)」
生徒:「TRCK2007のサイトからダウンロードしました。教えられません。簡単だけど(教えるのは)難しいですよ!!」
教師:「・・・・・・・・(思わず絶句)」
ものすごいやる気に,驚きです。PC室の隅のほうで,熊桜Finalもやっていました。

教師:「・・・・XYZ軸をクリックしていく方法以外に,手軽にドラッグしてかけないのかな?」

最後に,操作練習をしていきました。更なる改良を考えているようです。技術開発は,終わりませんね!!
帰り際に,受験勉強を,今日明日の合計で,14時間は勉強を行うことを命じました!!彼らならやりそうです。
そのロボコンマインドを勉強に生かしたまえ!!月曜日にやった分のノートを提出しなさい。
Posted by 朝日中 at 22:39:05 on 2007/12/15
[閲覧(742)][コメント(0)]

2007年11月03日
ロベルトBlackの近況チーム紹介
朝日中@技術担当です。

 ロベルトBlackは,TRCK2007後に,すぐに改良をしました。TRCK2007では,優勝はしたものの,反省材料が多々見られ,それを改良しています。

<改良ポイント>
 ○18個のアイテムをTRCK前のベストタイムから,今現在は,10秒縮めることができました。
 ○車体バランスを変え,駆動部にトラクションをかけることで,足回りが確実に早くなりました。
 ○ウォームギアのマイナス面をクリアすべく改良をただいま進行中です。

 改良していて感じたことは,0・5〜1mmのずれは,ロボットにとって致命傷ですね。足回りが明らかに遅くなったり,アイテムが取れなくなったり・・・・mm単位で調整できるように作ったのが,かえって調整不足をすると,思わぬ誤算になることに気づきました。はやり,調整ポイントの一覧を作らないと,ベストな状態で試合に臨めません。

<改良失敗ポイント>
 タイヤの車体バランスをBMW仕様に前輪:後輪=4:6にしようと,4つのタイヤに,電子ばかりを理科室から借りてきてはかる。しかし,電子ばかりは,200gまでしか測れず,エラーマーク!!
 BMWの走りは,感で生み出すしかない!!次は,家庭科室の秤を使用か!!

 これからは,操縦練習とロボットの信頼性をあげられるよう改良していきます。写真のような試合のイメージどおりに試合展開できるといいなぁ!!自分たちのチームの中にいる敵と格闘中!!

※字が読めなくてすみません。
 
 TRCK2007で優勝したこと,ロボコン大賞を受賞したことは,すごくうれしいことなんですが,今は自分たちのベストの性能が発揮できるよう奮闘中です。県南代表という,ある意味プレッシャーを感じつつ,技術開発を続ける日々は楽しいですね。本当にゴールのないマラソンをしている感覚です。

Posted by 朝日中 at 20:28:55 on 2007/11/04
[閲覧(671)][コメント(0)]


nmBlog v1.6 distributed by SAMN Project
 
     
pagetop