ID : Pass :  | register
予定&〆切
予定なし
メインメニュー
参加校リスト
承認待ちコンテンツ
     

ロボコン交流BLOG

TRCKロボコン協同学習のためのBLOG
2009-10-26
谷東全7チームYouTubeに完全公開!授業の様子
選択技術のみなさんの許諾を得て,県大会前に谷田部東中の全7チームのロボットの工夫と動きについて,YouTubeに公開しました。生徒達の解説入りです。そのアイディアの核心部分が確実に説明されています。必見ですぜひチーム名をクリックしてください。YouTubeが開き動画が再生されます。

ブルーレジスタン
彼らは,このロボットの至るまでに実に4台ものロボットをつくり,さらに効率の高いロ ボットを求めて掃除機の構造をヒントにこのロボットを作り上げた,現在6台目となるア イテムが全て見えて安定性確実性を高めたロボットを製作中だ。彼らはそのロボットで1 0秒以内のパーフェクトを実現しようとしている。

Our Dreams
コート上のアイテムを一気に確実にとるためにはどうしたらよいのかを考えた末に彼らが たどり着いたアイディアがこの一気取りのシステムだった。まだ確実性に欠ける点,さら には,両端が浮き上がるという技術的な課題を抱えている。それさえクリアできれば,か なりの高性能を発揮できると考えられる優れたアイディアである。

X07
彼らが参考にしたのは,昨年の自分たちのロボットだった,その技術は,モーターで糸を 巻き上げるだけで,まずアームが閉まり閉まりきるとアームが持ち上がるというものだ。 このビデオ撮影後改良が施され,今では全てのアイテムを確実に取り込むことができるよ うになっている。期待の1台である。

ドラゴンズテイル
3モーター使えるにもかかわらず,彼らはモーターを2つしか使わなかった。前進と後退 という単純な動きだけで,アイテムをとれるようにして操作性を上げるている。彼らの基 幹技術は,自転車と同じチェーン駆動とワンウェイクラッチである。20秒前後でパーフ ェクトを実現することができる。

キャビネッツ
クリアファイルをアイテムの下に滑り込ませ回収してしまおうというロボット,アームを 開くことで幅広くアイテムを集められるだけでなく,ボディにアイテムをかきこむことが できる。コンスタントに10秒台でアイテムを全て回収しパーフェクトを達成することが できる。

ロボット製作委員会
柔軟性のあるアームで壁際のアイテムをあつめて,ボディー下面のスペースにいれていく ,左側には回転するアームがとりつけられており,周辺のアイテムをかき集める。ボディ 下面に空間をつくるために,CDで車輪の直径を大きくし,ギヤボックスが邪魔にならな いようにした。アイテムのおかれかたによってはパーフェクトも十分に可能。

谷東ハイパワーズ
柔軟性のあるクリアファイルを取り込み部分に使うことで,固い部品を使うよりも確実に アイテムを集めることができる。糸の巻き上げ部分には,谷田部東中の先輩達から学んだ ノウハウが生かされている。アイテムのまかれかたによってはパーフェクトも可能。


この戦略的取り組みに,谷東の生徒達は極めて乗り気です。自分たちの取り組みが全世界から参照してもらえること,そしてもしかしたら自分たちのアイディアが,県大会や関東大会,全国大会でも生かしてもらえるかもしれません。正しく谷東ロボコン文化ここにありです。

今年は県大会に進めるチームは1〜2チームになりそうです。でも谷東の全チームは自分たちの技術開発の成果をこうしてビデオに残し,継承していきます。ぜひみなさん参考にしてください。そして私達のロボットを越えるロボットをめざしてください!
Posted by 谷田部東中 at 02:23:57 on 2009/10/26
[閲覧(984)][コメント(0)]

 
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

nmBlog v1.6 distributed by SAMN Project
 
     
pagetop